読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

転売のポイント

インターネットビジネスにはいろんな種類があります。

アフィリエイト、転売(せどり)、有料メルマガ、情報商材の販売、電子書籍の出版、WEBセミナーなどです。


その中でも、転売は即金性が高いので、目先の現金を手にしないとお金が回らない人にはお勧めです。

 

インターネット上には、メルカリ、ヤフオク、アマゾンといった、誰でもスグに利用できるプラットホームが用意されているので、特別な経験や知識は不要です。

ですから、あなたも、ご自身のメディア(ブログやホームページなど)が無くても稼ぐことが可能です。


同じ商品を、複数のプラットホームで検索してみましょう。
きっと、同じ商品なのにこんなにも価格差があるのか!と驚かれると思います。

情報収集力ひとつで、簡単に稼げてしまうのが転売です。


ただし、転売では商品の在庫が必要です。
それは、どのプラットフォームも、いわゆる「無在庫販売」は禁止しているからです。

なので、「売れてから仕入れる」というのは規約違反になって、最悪の場合アカウント削除されるかもしれません。


でも、最初から在庫を抱えるのは不安ですよね。
というか、仕入れ資金が用意できない人もいるでしょう。

 

ですから、最初は家の中の不用品処分で資金を作るわけです。
そして、その資金を、仕入れに回します。


商品を仕入れるときは、仕入れる数量は最小限にすることをお勧めします。
まとめ買いが安いからと、大量に仕入れることはお勧めしません。


私の場合は、仕入れは1個だけです。
たとえ1個でも現物を持っていれば、無在庫販売にはなりません。
オリジナルの写真が撮影できますし、プラットフォームの運営者に怒られることもないでしょう。


しかし、売れるたびに仕入れを発注するのは面倒ですよね。
宅配便を受け取るのも面倒です。

ですから、私の場合、実際の取引では、売れても手元にある商品は発送しません。
卸屋さんに連絡をして、同じ商品を購入者に直送してもらっています。


この方法ですと、売れてから仕入れるのと同じです。
それと、梱包や発送の手間が一切かからないのもメリットです。

また、万一、商品に不備があっても、卸屋さんが対応してくれるので、私がクレームを受けることはありません。


そのうえ、たまたま仕入れ先が在庫切れを起こしても、私が手元にある商品を送れば、購入者さんに迷惑をかけることもありません。

 


いいことずくめの転売ですが、一つだけ問題があります。
それは、同じことをする人が一気に増えて競合が増えることです。

 

なので、転売系のノウハウを購入されたら速攻で取り組むことをお勧めします。
私の経験上、書店に並んだ情報は古くて、そのままでは使えないと思った方が良いです。


私が仕入れている商品の種類や仕入れ先ですが、これは別に隠しているわけではありません。

ただ、タイムリーな情報なので、ブログに書くと読者さんに古い情報をお伝えすることになりかねないので記載しません。

 

なので、気になる方は私のメルマガを購読されるか、直接お問い合わせ下さい。


転売は、売れる商品を見つけること、そして仕入れ先の確保がポイントです。

マーケットは待ってくれない

インターネットビジネスは仕事です。
趣味の延長で稼げるほど甘くはありません。


多くの人がサラリーマンやOLを経験します。
パートやアルバイトをやっている方もいるでしょう。

いずれの場合も、「会社に勤める」ということは、色んな制約や条件のもとで働くということです。

 

たとえば
・毎朝出勤しないといけません
・1日の勤務時間は決まっています。
・休日も会社側が定めています
・給料も会社に決められています

その他、たくさんの縛りがあるのに、みんな黙ってそれに従っていますよね。


ところが、インターネットビジネスに取り組むんだと決めたら、途端にわがままを言い出す人がほとんどです。

・今日は疲れたから
・帰りが遅くなったから
・明日の朝が早いから


インターネットビジネスは、立派な仕事です。
仕事ですから、作業を「やりたい」とか「やりたくない」ではスグにクビになってしまします。

あなたの状況なんかマーケットには何の関係もありません。


チャンスは、常にあなたの目の前を通っています。
そのチャンスを、あなたの意志で掴むかどうか。

・いまは忙しいから
・暇になったら
・来月になったら
・子どもが入学したら
波に乗れるかどうかは、あなたの思考一つです。

 

時代は流れています。
ですから、あなた自身の気分で取り組み始めても、その時はマーケットが相手にしてくれないかもしれません。
マーケットは、あなたのテンションが上がるまで待ってくれません。

 

マーケットが熱いうちに取り組みましょう。
誘いがあるうちに乗り込んでいきましょう。

あなたの気分が乗ってきたときには、すでに別の波が来ている可能性があります。

 

インターネットビジネスは仕事だということを忘れないようにしましょう。

確定申告

税金を取られるから・・・
節税対策に・・・

ビジネスで成功しようと思ったら、こういう思考は改めた方が良いです。
税金のことは考えないことです。


今年も確定申告をすませてきました。

いまは、申告も納税もすべてインターネットでできるんですが、毎年、税務署や申告特設会場にに足を運んでいます。
そして、街で食事をするのが習慣になっています。

そこで、今年のビジネスが順調に進んでいるかどうかを確認します。


私のような個人事業主に、決算の期限はありません。
一応、締め日は年末の大晦日なんですが、損益計算書、貸借対照表、それにキャッシュフローは毎月確認しているので、ハッキリ言って決算なんかどうでも良いんです。

 

税務署に提出する決算書一式も、ソフトがしっかりしているので、ワンクリックでプリントアウトできます。

法律で定められた税額がに間違いがなければ良いだけなので、普段は税金のことなんか気にしません。

 


ところで、国が何かを推進するときは、必ず税制を改めます。

・自動車、住宅、エネルギー問題などを税でコントロールします。
・タバコの消費を減らすために増税します。
少子化なんだから、子育てをしない主婦を働かせようと配偶者控除を見直したり・・・。

 

その結果、
・税金のために、駆け込みで家を買ったり車を買ったり・・・。
・健康上の理由より、値上げ(増税)されたからということでタバコをやめたり。
・ビールにするか、発泡酒にするかも結局は値段(税金)しだい。

税金のことを考えるのって、なんだか、政府に操られているみたいでイヤじゃないですか?

 


自分のビジネスなんですから、自分で収支や税額を計算して、自分の意志で納税しましょう。

税金は取られるものではありません。
自ら申告して納めるものです。

 

しかし、働きに行くと税金は源泉徴収されます。
この「税金を取られる」という思考はサラリーマン特有のものです。

 

サラリーマンを続けていても大きなお金は作れません。
また、節税についても、サラリーマンと同じくらいの収入レベルのうちは考える必要ないでしょう。

税金のことを心配するより、今日の売り上げを心配する方が先です。

「壁」と付き合う

ビジネスに限ったことではありません。

勉強、習い事、スポーツ・・・。
上達しようと思ったら必ず壁にぶち当たります。

 

逆に、壁にぶち当たらないということは努力が足りないということです。
何事も、ぶち当たった壁をクリアすることで進歩します。


でも、どんな壁と出くわすかが、はじめから分かっていたらどうでしょう。
行き詰っても悩むことなく、淡々とトレーニングができますよね。

だから、みんなコーチとかトレーナーといった「指導者」を雇うんです。

 

指導者は、生徒を客観的に見て「次に出くわす壁は何か」を予測します。

たとえば筋トレですと、どれぐらいの負荷でトレーニングをしたら、どれくらいの筋肉痛になるか。
また、その筋肉痛に対して、どのような対処をすれば早く回復するか。

こういったことを、指導者は経験で知っています。

 


しかし、一人でトレーニングをしていたらどうでしょう。

痛みを我慢して頑張りすぎて、鍛えるどころか身体を壊すかもしれません。
逆に、恐怖心から十分な負荷を与えることができず、効果的なトレーニングになっていないケースもあります。
あるいは、あと一息のところで「自分はもうダメだ!」と諦めてしまうことももあるでしょう。

 


これはビジネスでも一緒です。

壁にぶち当たること自体が悪いのではありません。
まずいのは、その壁との付き合い方を知らないことです。

 

壁を避けようとして自己流で工夫をしているつもりが、とんでもない方向に進んでいるケースをよく見かけます。

もちろん、何でも教わるのではなく、自分で調べて実践することはとても大切です。
しかし、進んでいる方向が正しいかどうかをチェックしてもらうことはもっと大切です。


限られた時間で成果を出すためには、無駄な回り道をしていてはいけません。
回り道をしないために、あなたも指導者を雇ってみてはいかがですか?

 

もちろん、指導者を雇うとなれば、それなりの費用が必要です。

ですが、思い出してください。
成果を出すために必要な要素は3つ。
「能力」、「時間」、「お金」でしたよね。

能力が未熟で、時間をかけられないのであれば、お金をかけるしかありません。
逆に、お金を投入したら、不足する能力を補ったり、時間効率を高めることが可能です。


お金がないから稼ごうとしているのに、出費をするのは気が進まないかもしれません。

しかし、こんな状況だからこそ、とりあえず、最小限しか眠らないで時間を作って、夜勤のバイトをしながらお金を稼いで、能力のある人を指導者として雇うことをお勧めします。

少し身体は疲れますが、これが成果を出す一番の近道です。


壁を恐れるのではなく、壁の存在を予見して適切に対処していく。
ぶち当たる壁と上手に付き合うには、指導者に見てもらうのが良いでしょう。

成功を引き寄せる生活習慣

思考が変われば行動が変わり、行動が変われば結果が変わります。

ですから、結果を変えようと思うのなら、まずは思考を変えましょう。


とはいえ、ひと言で思考を変えるといっても、具体的にどうやっていいかがわかりませんよね。

実は、そんなに難しいことではなくて、とても月並みな表現になりますが、まずは目標をキチンと決めることです。
そして、その目標達成への道のりを細かくイメージすることです。


具体的に言えば、やらないといけないこと、なりたい自分などをザックリとイメージして、頭の中でシミュレーションしていれば、自然と思考は変わってきます。

イメージするのは妄想でいいんです。
夢物語でも構いません。
バカバカしいと思うことで大丈夫です。


たとえば「ジョギング」を続けたいと思うのであれば、
・朝、目覚めたら、まず最初に右手で頭を掻く。
・その次に体を起こしながら、左手で布団をはがす。
・それから右手で目をこすって
・、水道の前に行って、右手で蛇口をひねって、左手でコップを持って

いったい、いつになったら走り出すんでしょう(笑)

ですが、あらゆることを細分化して、一つずつ頭の中でシミュレーションすることが習慣化すると、全く関係ない分野でも、いろんな行動が始めやすくなります。


これは、あくまでも私の実体験であって、医学的な根拠があるわけではありませ。

しかし、面倒くさいことも、単純なアクションに細分化して何十回もシミュレーションしていれば、脳に日常のこととして刷り込まれていくように感じます。


この妄想ともいえるシミュレーションの延長で始まった行動は、一度動き始めたら止まらなくなります。

別に行動を習慣化しようなどと気負う必要はありません。
そのうち、やらないと落ち着かない状態になるはずです。

 

行動が習慣になるわけですから、嫌でも結果がついてきます。
結果がついてくるので、両輪のように思考も変化してきます。

 

思考の変化⇒行動の変化⇒望む結果⇒思考の変化⇒

 

こんなサイクルが出来がってしまい、いろんな分野で、今までと考え方が大きく変わってきたことが実感できるはずです。

さらに良いことに、物事を細分化する習慣が身に付きますから、決断や意思決定が速くなります。

 

ぜひ、「思考を変える」という目的で、夢を脳でシミュレーションしてみることをお勧めします。

信用させるには、根拠の提示

お客さんは、あなたのことを
「見ない」、「聞かない」、「信じない」。
これが基本です。

そこでに必要になってくるのが「根拠の提示」です。


根拠がないと、お客さんは結論を出せません。
そして、納得できる結論が出せないと、折角のお客さんが買わずにどこかに行ってしまいます


人は誰しも先入観でものごとをみようとします。
というか、自分の物差しに合わせて、ものごとを決めつける傾向にあります。


例えば、若くてキレイな女性がいると、多くの人は、この人にはすでに交際相手がいるものだと勝手に決めつけてしまいます。

ですから、身近にちょうどいい男性がいたとしても積極的に紹介しようとはしません。


それどころか、その女性がまさに「恋人募集中」の状態で、「誰かいい人紹介してくださいよ~」って言っても、すぐには信じようとしません。


それは、根拠がないからです。
具体的にいえば、「美人には交際相手がいる」という思い込みをくつがえす根拠がないからです。


もし、あなたが女性だとして、素敵な男性を紹介してもらいたいと思ったら、相手が納得するような「根拠」を示せば良いんです。


例えば、習い事に夢中になっていて出会いを逃してきたというのなら、習い事の発表会とか、作品の展示会を片っ端から案内するんです。

別に来場してもらう必要なんてありません


「私は、暇さえあれば、こんなことをやっているんだ」ということを周囲に刷り込んでいくわけです。

それも、みんながあきれるぐらいふれ回るんです。

これで、交際相手がいない理由、というか根拠が明確になりますよね。
これくらい極端なことをやらないと信じてもらえないんです。

納得さえしてもらえたら、世の中にはお節介な人が大勢いますから、スグに誰かいい人を紹介してくれるはずです。


営業も一緒です。
いくら熱心に「私を信じてください」といったところで、何も買ってもらえないでしょう。

・なぜ、この商品でなくてはならないのか?
・なぜ、この人から買わないといけないのか?
・なぜ、いま買わないといけないのか?

このように、お客さんが、「自分自身を納得させられる」根拠を提示すれば、案外あっさりと買ってくれるものです。


お客さんの信用を得ようと思ったら、お客さんが自分自身を納得させることができる根拠を示すことです。

顧客の期待を裏切れ

「お客様の期待を裏切れ!」
まだ、私がサービス業に従事していた時に教わったことです。


もちろん、顧客が期待するものが提供できないのは論外です。

そして、顧客が期待するより少しグレードの高いものを提供するはあたりまえです。

「あたりまえのこと」をやっていて勝てるほど、ビジネスの世界は甘くありません。

勝負に勝つには、「あたりまえのこと」に加えて、顧客が想像もしていなかったこと、つまりサプライズを提供することが必要です。


人間は期待と現実とのギャップで心を動かされます。

相手の心を動かすことができたら、商品なんて、特に売り込まなくても勝手に売れるでしょう。


その裏切る期待のネタですが、すでに誰かがやっていることではインパクトがありません。

 

「こんなことは絶対にあり得ない」
という、普通の人では考えつかないようなことをやらないとダメです。

顧客が全く予想もしていなかったことで、脳みそをグチャグチャにするわけです。

 


インターネットビジネスですと、無料情報に有料でも簡単には手に入らないような充実した内容を盛り込むことです。


そうすると、

「しょせん無料の情報でしょ」
「どうせ、また何かのセールスでしょ」

くらいにしか思っていた顧客の脳みそが、

「えっ!こんなことまで無料で教えてくれるの!」
「有料だったら、どれだけすごい情報なんだろう・・・」

ってグチャグチャになってくるんです。


このように、良い意味で、顧客の期待を裏切ることで、心理を動かしていくと商品なんて簡単に売れます。

あなたは、顧客の期待を裏切る商品やサービスを提供していますか?