読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

スワイプファイルを作ろう

「スワイプファイル」というものをご存知ですか? あなた自身が作る、セールスレターのサンプル集です。 お笑い芸人でいうところの「ネタ帳」です。 プロのコピーライターは、必ずといっていいほど「スワイプファイル」をもっています。 このスワイプファイ…

小学生でも書けるブログ

発信することを前提に情報を受信することを習慣にしていると、情報発信のスピードが速くなります。 実は、この方法で、私は小学校5年生の息子に、毎日ブログを書かせています。 題材は「朝日小学生新聞」です。 新聞は小説ではありません。文学的な表現を学…

なぜ、いまさらブログ?

インターネットビジネスをやるうえでマスターしたほうが良いメディアはたくさんあります。 ブログ、ホームページ、Youtubeやニコ生などの動画配信、Facebook、TwitterのようなSNS・・・。 その中で、なぜ今さらブログなのでしょう? ブログの記事には文字数…

客を切って、客を出す

薄い見込み客にこだわっていませんか?営業の世界では、よく見込み客にABCでランク付けをしますよね。・今月の数字になりそうなお客さまがAランク・手ごわい相手をBランク・可能性はあるけど、まだ全く話にならないのがCランクAランクの見込み客に、ビシッと…

SEO対策はGoogleに聞け

ブログを作った。ホームページを立ち上げた。だけど、いつまでたってもアクセスが集まらない・・・。そこで多くの人をがSEO対策にはまっていきます。高価なツールを買ったり、セミナーに参加してライバルに勝とうとします。しかし、時間とお金をかけて、上位…

狼は生きろ 豚は死ね

稼ぐということは、戦い抜いて生き残るということです。少しつまづいたからといって、あきらめないで下さい。今日はダメでも、明日はいけるかもしれません。今までできなかったことが、今日はできるようになるかもしれません。先日、ラーメン屋さんで読んだ…

楽に集客するなら、ダイレクトレスポンスマーケティング

営業で最も重要なのは集客です。お客さまがいないと、どんなに良い商品でも、どんなに良いプレゼン能力があっても、商談には進みません。そして、新規のお客さまを見つけるのはとても大変なことです。私が某ハウスメーカーで、アパートの建築営業をしていた…

営業マンはお客さまの人生を変える

営業マンは、お客さまの一生を変えることがあります。お客さまが、幸せな人生を歩いていくお手伝いをすることができます。私は、もう何年も前に年賀状の習慣をやめて、電子メールで新年のご挨拶をしています。ここでご紹介するのは、私が18年前にご縁を頂い…

惰性の行動を見直せ

私は、数年前に年賀状というものをやめました。「来年から年賀状は出しません。メールアドレスを教えて下さい。」という年賀状を2年間ほど送って、ある年を境にピタッと送るのをやめました。2年間もお願いをして、メールの1本すら送ってくれないというのは、…

受信力(情報感度と情報処理能力)

同じ情報に触れていても、アウトプットできる人とできない人がいます。原因は、「受信力」と「発信力」のどちらか、あるいは両方が足りないからです。まず、受信力ですが、これは意識の持ち方ですぐに身に付きます。発信することを前提に情報を受信すること…

コンテンツは資産化する

「コンテンツ」とは、付加価値の乗っかった情報。つまり人が欲しがる情報のことです。そして、情報ビジネスとは、コンテンツを作成して、商品として世の中に発信することです。言いかえると、受信(インプット)した情報はコンテンツとして発信(アウトプッ…

情報商材(デジタルコンテンツ)は人類を救う

あなたは、今までに、いわゆる「情報商材(デジタルコンテンツ)」を買ったことがありますか?是非、怖がらずに買ってみることをお勧めします。私たちは、いつもお金を払って情報を買っています。しかし、多くの人はこのことを意識していません。たとえば、…

情報ビジネスにネタ切れはない

情報はいくらでも発信できます。例えば、あなたがスポーツに興味があるとしましょう。オリンピックで、日本人が体操でメダルを取りそうだ!そうしたら、4年前、8年前のオリンピックの体操について調べるだけでも記事になります。世界の競合国、当時活躍した…

求められる情報ビジネス

情報発信ができないと、情報ビジネスで収入を得ることは困難です。インターネットビジネスには、転売という方法もあって、これだと基本的に情報発信は不要です。ですが、商品を紹介したり、購入を促すためのコピーライティングというものが必要になってきま…

意思に頼らず継続する

自分自身で立てた行動計画が思うように進まなかったり、途中で挫折したりするのは、あなたの意志の弱さではありません。 逆に、計画通りに動くためのロジックを組み立てることができたら、感情的な意気込みがなくても自己実現欲求に向かって動けます。 まず…

聖書通読のすすめ

聖書の全文を読んだことがありますか? 別にあなた自身の信仰と異なっても構いません。 宗教としてではなく、ひとつの物語として読んでみることをおすすめします。ちなみに私は仏教徒です。 聖書を読む目的は、西洋人の思考を理解するためです。 仏教では宗…

がんばろう!と思っても挫折する

今日こそやろう!と意気込んでみたものの、つい他のことに手を出してしまう。あなたにも経験があるでしょう。でも、それは仕方がないことなんです。決して、あなたの意志が弱いのではありません。マズローというアメリカの心理学者が、欲求5段階説ということ…

手を出しちゃダメなビジネス

初心者が手を出してはいけないビジネスの4要素です。・利益率が低い(薄利多売)・固定費が必要・在庫がある・多額の初期費用が必要最初からこういったビジネスに手を出すと、ほぼ間違いなく失敗します。逆に言えば、この4つの要素の全てについて、反対のこ…

3つのONE

これもコピーライティングでは有名なお話です。そして、お客さんを動かす重要なポイントです。・One Market(ワンマーケット)・One Message(ワンメッセージ)・One Outcome(ワンアウトカム)・一つのマーケット(One Market)に対して、・一つのメッセージ(One…

売れない理由

「売りたい商品」を売る「売れる商品」を売るどちらが確実に儲かると思いますか?当然「売れる商品」を売った方が確実ですし、楽に稼げます。しかし、多くの人が「売りたい商品」を扱って、売れずに苦しんでいます。売れる商品を見つける力。これが「商品力…

追伸(あとがき)

追伸(あとがき)追伸は、ヘッドラインの次に読んでもらえるパーツです。追伸の目的は2つです。1.もう一度ボディ(本文)を読ませる2.追伸で購入を決断させるヘッドラインで立ち止まった読者のうち、約2割が本文を読むと言われています。しかし、本文を…

クロージングの流れ

クロージングの流れも、ある程度パターンが決まっています。1.価格の提示「高いな」と感じた見込み客に、2.割安感の演出「だけど・・・」と腰を上げない相手に、3.簡便性のアピール「お申し込みは簡単です」、「3日で効果が出るんですよ」と揺さぶりを…

クロージングは心理戦

クロージングが決まらないと、セールスレターの目的を達成することはできません。そして、クロージングは見込み客を心理面で動かさないと決まりません。「心理戦で追い込む」というと、お客様を詰め上げるようで罪悪感を持つ方もいるでしょう。でも、それは…

クロージング

クロージングお客さんは欲しいと思っても、それだけでは絶対に買ってくれません。だから、クロージングでは徹底的に売り込む必要があります。売り込み過ぎると嫌われるのでは?といった心配は捨ててください。お客さんは、あなたのことを嫌うことなく、勝手…

ボディコピーの3要素

セールスレターはヘッドライン、ボディ、クロージング、追伸(あとがき)で構成されています。その中で、読者に一番読んでもらいたい部分がボディ(本文)です。ところで、セールスレターには、昔からいろいろなパターンがあります。AIDA(アイーダ)の法則…

ボディ(本文)の書き方

ボディの目的は、読者が抱える問題点を解決する提案をして、あなたの提案を受け入れてもらうことです。人が何かを買うときの理由や動機には、大きく分けると2つの種類しかありません。一つ目は「お悩み解決」、そしてもう一つは「快楽の追求」です。あなたが…

ヘッドライン(見出し)の書き方

ヘッドラインは、読者に対して、ボディ(本文)の結論、言い換えるなら読者が得られるベネフィットを、ひと言で約束する部分です。ヘッドラインもパターンは決まっています。だから、自己流を考えるより、売れている表現を真似る方が良いでしょう。ヘッドラ…

ヘッドライン(見出し)の役割

セールスレターにおいて、ヘッドライン(見出し)の役割は最も重要です。読者がそこにとどまるか、中身を確認する前に逃げてしまうかはヘッドライン(見出し)で決まります。一説によると、ヘッドラインは、次のボディ(本文)の5倍読まれるそうです。これが…

売れるページの書き方

ダイレクトレスポンス広告は、読者にその場でアクションを起こしてもらうことを目的にした広告です。このアクションには商品の購入、サンプル請求、資料請求、無料登録など、いくつかの種類があります。しかし、アクションの種類や、広告を掲載する媒体の種…

売るために特化した広告

広告には大きく分けて2種類あると言われています。それはイメージ広告とレスポンス広告です。イメージ広告というのは、テレビCMなど、いわゆる宣伝です。知名度を高めて、実際に買う時には自社の製品を選んでもらうという目的の広告です。一方、レスポンス広…

情報の受信力

このままではマズい!一流家電メーカーが身売りをしたり、工場を閉鎖・統合をするニュースを見るたびに、多くのサラリーマンが「うちも危ないかも・・・」と感じているようです。でも、ほとんどの人の意識は「川向こうの火事」です。口では「大変な世の中に…

目標・戦略・戦術

「行動」と「目標の明確化」は両輪です。どちらが先、ということはありません。行動すると目標が明確になり、目標が明確になると行動しやすくなります。目標だけを頭で練ってばかりいて行動をしないと、いつまでたっても目標自体が定まりません。逆に行動だ…

人脈について大きなカン違い

独立と起業の違い独立と起業は違います。どちらも、自分で仕事を始めるという点では共通していますが、実態は全く異なります。独立というのは、・どこかで修業してのれん分けをしてもらう。・サラリーマンを辞めて、同じような仕事を自分が社長となって始め…

時間の価値

「時は金なり」昔から言われていますよね。でも、本当に時間はお金だということを理解していますか?確認のために、今のあなたの時間をお金に換算してみましょう。まず、あなたに時間の感覚がどれくらいあるか?1日が24時間であることは誰でも答えられます。…

フロービジネスとストックビジネス

「フロービジネスとストックビジネス」起業当初は絶対にフロービジネスでいくべきです。ストックビジネスは、安定収入が見込めますが、どちらかというと利幅が薄い仕事が多いです。最初からストックビジネスに手を出すと、資金繰りが苦しくなります。ストッ…

ブラック企業より独立起業

最近、どこの企業もコンプライアンスについて神経質になっているようですね。長時間の残業、サービス残業、タイムカードを押さない休日出勤、上司のパワハラ・・・。こんなこと、一昔前なら当たり前のことだったんですが・・・。自営業者には残業という概念…

ターゲットの絞り込み

ターゲットの絞り込みは大事です。同じ20代の女性でも、専業主婦と独身OLとでは生活習慣が違います。経済状態も違えば考え方も違うでしょう。なので、ターゲットによって扱う商品は変わってきます。それを「若い女性」なら買うだろう、という安直な商品選択…

華やかな人が散っていく理由

かなり古い映画ですが、あなたは宮本信子が演じた「マルサの女」をご覧になりましたか?その中にとても印象に残っているシーンがあります。国税の査察官が、税金を納めずに金を貯めてきた調査対象者に「どうやってお金を貯めたのか」と問いました。その答え…

変なプライド

ビジネスが軌道に乗らない人の多くに見られるのが、変なプライドです。自己主張が強いというか、自意識過剰というか、素直さの欠如というか・・・。あなたのことを一番気にしているのはあなた自身です。他人はあなたのことなんか大して気にしていません。早…

呼吸を止めたら死ぬ

吸った息は吐く。息は吐き切らないと次の息が吸えない。息を止めたままにすると人間は死ぬ。私たちが自然に行っている呼吸のことです。実はこれ、情報ビジネスにも通用します。私たち情報ビジネスに取り組んでいる人間が扱っているものは、そのものずばり「…

いつまで続ける?サラリーマン

あなたがもしサラリーマンやOLさんだったら、あるいは就職活動をしているフリーターだったら、少し考えてみてください。このまま、会社勤めを続けて将来は安泰ですか?まさか!と思うようなことが次々と起きていますよね。就職したときは周囲から羨ましがら…

ビジネスは「最後は人」

「インターネットビジネスはパソコンやスマホが稼ぐもの」そう考えていませんか?確かにパソコンやスマホが無いとインターネットビジネスはできません。しかし、稼ぐということは、誰か「お金を払う人がいる」ということです。つまりお客さまがいるというこ…

商品を優先すると失敗する

インターネットビジネスは、基本的に費用ゼロ円で始められます。しかし転売は別です。仕入れた商品に利益を乗せて売るわけですから、どうしても仕入れの資金が必要になります。ヤフオクのようにすぐに現金化できる媒体で、クレジットカードで仕入れるなど、…

買ったノウハウが信じられないとき

こんなことで本当に稼げるんだろうか?買った商材がインチキだったのではないか?なかなか思うような成果を出せない人のほとんどがこういう気持ちになるようです。しかし、色んな方を見ていて私が感じるのは、不安の原因のほとんどが行動量の不足によるもの…

害虫になるな!

「ダイレクトレスポンスマーケティング」広告で集めた見込み客に、その広告で反応してもらう営業手法です。安価な商品ですと広告でいきなり商品を購入してもらうこともありますが、高額商品ですと一発で購入してもらうことは困難です。なので、資料請求をし…

ゴミやノイズもお金に化ける

情報ビジネスに必要なのは情報の「受信力」と「発信力」です。受信力は言い換えると受信の感度です。これが、物販ビジネスで「商品の仕入れの力」に相当します。商売で仕入の力は、売る力と同じくらい重要です。今は情報が溢れているので、情報自体の価値は…

無駄遣いするな!

新たに何かを始めようと思ったら、色々と必要なものが出てきますよね。だけど、ビジネスが軌道に乗って収入が安定するまでは、できるだけ物を買わないようにしましょう。あると便利なものや、周囲で稼いでいる人が使っているものは、つい欲しくなります。で…

初めてのコピーライティング

セールスページの構成や文章はプロのまねをして下さいね。完全にコピペしない限り、どれだけまねをしても、怒られることはありません。なぜかというと、プロも同業者のまねをしているからなんです。セールスページの目的は「売ること」です。ですから、極端…

参入して良いビジネス、ダメなビジネス

ビジネスは人まねから始めるのが王道です。ですが、先行者がハデに儲けているからといって、何でもかんでも飛びつけばいいというものではありません。ビジネスには「ライフサイクル」というものがあります。もしあなたに、気になるビジネスがあるのなら、そ…

足の裏についた飯粒

さしあたり必要でない免許や資格を、「将来のために」と頑張って取得するのはやめましょう。あと、取得しただけでは収入が保証されない資格です。これを、「取っても食えない資格」ということで、「足の裏についた飯粒」なんて言っています。学生さんの中に…