読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

思考停止は心肺停止

今日、久しぶりにスーパーでお弁当を買いました。
380円のお弁当、美味しかったです。

私は小銭が嫌いなので、ほとんどの支払いがカードです。
レジで私がカードを出したときのことです。

店員:「一括ですか?」

この店員さんの一言。
あなたはどう思いますか?

消費税を入れて400円ちょっとですよ。
私って、そんなに貧乏人に見えるんですかねぇ・・・

レジも空いていたので、私もチョッとふざけて、


私:「24回で」

っと笑いながら返してみました。
そうしたら、真面目に答えるんです。

店員:「1回のお支払いは100円以上になるんですが・・・」
私:「・・・・」

普通は笑うとか、「いやぁ~、せっかくですから36回にしませんか?」とか、返しませんか?私が意地悪なのか、彼に遊び心がないのか・・・

おそらく、ただのマニュアル作業員として生きていて、何も考えていんでしょうね。


考えることをやめたら、人間は本当に死にます。
犬や猫と同じように、生命を維持するだけの生き方ならいいですよ。
でも人間は、幸せな生活ができなくなったら死んだも同然です。ところが、「常に考え続ける」って、実際にやってみると簡単ではありません。


そこで、次の3つを習慣にしてみませんか?

まずは、考えたことを「記録する」ことです。

考えたことを、毎日記録していると、「常に考える」ことが習慣になります。
昔ながらの日記でも構いませんが、せっかくインターネットビジネスをやっていくのであれば、ブログが良いでしょう。


つぎに、「人と会う」ことです。

人と会って話しているときに、何も考えずに話せる人はいません、
相手の発言をインプットして、それに対して即座にアウトプットする。
これが会話です。

話す相手なんていくらでも見つかります。
家族、友人、仕事場の仲間・・・。
誰もいなければ、コンビニの店員さんだっていいでしょう。
いつもパソコンの前でカチャカチャやっているだけだと、健康にもよくありません。


そして3つ目は、ぼーっとする時間を作らないことです。

何も考えないでテレビを観たり、スマホを触るのはやめて、常に目的をもって情報収集するといいですよ。
出かけるときに、本や音源を持ち歩くようにすると、ぼーっとしないために役立ちます。


「思考停止は心肺停止」
脳は常に動かしておきましょう。

 

広告を非表示にする