読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

スタートが切れないわけ

「何を選んでいいかわからない」
「何をやれば、本当に稼げるのかがわからない」

ビジネスを始められないという方には、これが原因という人が多いです。

私も常にいろんな商材をチェックしていますが、どの商材も広告だけをみると誰でも上手くいそうな感じがします。
しかし、みんながみんな上手くいくのであれば、世の中は億万長者だらけです。

それでは、なぜ上手くいく人といかない人に分かれるのでしょうか。
違いは積極性だと私は思います。

とにかく素直に取り組んでみる。
そしてそれをひたすら継続する。
結果が出るまであきらめない。
上手くいかないときは質問する。
こういったことを「やるか、やらないか」の違いです。


10年前と違って、最近は詐欺商材をほとんど見かけなくなりました。
絶対に無いとは言いませんが、少なくとも私は引っかかったことはありません。

ただ、うまく結果を出すことができずに「騙された」と勝手に思いこんでいる人が多いのは事実です。


私も商材を販売しているので判るんですが、想定される問題を全てコンテンツに盛り込むことは不可能です。
なぜなら、実践していてぶち当たる壁が人によって違うからです。

乗り越えた方が良い壁
迂回したほうが良い壁
強引に突破したほうが良い壁

迂回したほうが良い壁を乗り越えようとするのは得策ではありません。

でも、これらには無限のパターンがあるので、コンテンツに盛り込むことは難しいです。
しかし、こういう時は質問をすると、いとも簡単に解決することがほとんどです。
というのも、商材を作る側からすると、それまでに色んな壁をクリアしてきているので、どんな質問を受けても全てが「想定の範囲内」だからなんです。

なので、商材選びのコツとして、「何を選べばよいのか?」よりも、あなた自身が「誰が好きなのか」を考えてみてはいかがでしょうか?

広告の文面だけに魅かれて購入した商材には、結果が出るまではどうしても「疑い」が残るものです。
いくら「やると決めたら疑いをもたずにひたすら取り組め!そうすれば必ず結果が出る!」と言われても、疑っているんですから続くものわけがありません。

しかし、始めに「どんな人に習うのか」を確認しておくと、壁にぶつかった時に質問がしやすいじゃないですか。
材を作っている側としては、質問をしてくれるとうれしいんです。
決して面倒だなんて思いません。
だって、質問があるということは、真剣に取り組んでいることの証ですからね。

なので、少し手前味噌になりますが、SIBCでは質問がしやすいようにとの配慮から、上級コースからは全てメンバー制にしています。
「商材は売り切り」、あとは「自分の努力でやって下さい」というスタンスにはしていません。


私は、SIBCのメンバーでない方に、色んな商材の紹介があったら、片っ端から無料登録をすることをおすすめしています。

商材を作っているのは「人」です。
あなたとの間に必ず「相性」といいうものがあります。
もちろん、あなたには「好き嫌い」という気持ちがあるでしょう。

だから、たくさんの情報に触れて、「好きな人」を見つけることをお勧めします。

「怪しいなぁ・・・」
と言って、せっかく配信されている無料情報を拒否するのはとても愚かなことです。
怪しい表現や、大げさな広告は、人々の注意を引くためのテクニックです。
販売者が怪しいわけではありません。

また、仮にその商材に興味が無くても、配信される無料情報からは、いろんなヒントを得ることが出来ます。
インターネットビジネスは、情報ビジネスです。
価値ある情報を提供することで、お客さまからお金を頂くビジネスモデルです。
たくさんの情報に触れることを億劫がっていては、お客さまに喜んでいただける情報を発信することはできません。

私は商材を選ぼうとしている方にはこうお伝えしています。
「商材にお金を払うのではなく、人にお金を払って下さい」
「本当に信頼できる人かどうかをよく見極めて下さい」

【追記】
宣伝みたいになって恐縮なんですが、SIBCでは、どんなノウハウでも必要になる「基礎力のマスター」に重点をおいています。

基礎力をマスターすれば、それだけで充分な収入を得られるだけではなく、自分に合ったビジネスも見えてきます。
なのでメンバーさんには、個別の商材に手を出すのは、基礎力をマスターしてからでも充分ですよ、とお伝えしています。

 

広告を非表示にする