読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

ブログが書けない?

ブログが書けない。
ブログが続かない。

よく、こういった相談を受けます。
しかし、ブログに限らず、インターネットで発信する文章なんて、コツさえつかんでしまえば簡単なんですよ。

インターネットビジネスというのは、コンテンツ、つまり価値ある情報を発信することで、関連商品を販売したり紹介したりするビジネスモデルです。
ですから、ブログが書けないというのは致命的です。

つまり、情報が発信できないということは、ラーメンが作れないラーメン屋さんと一緒。
絶対にお金は入ってきません。

たとえ、スープがインスタントだろうが、チャーシューがスーパーで売っているものだろうが、何でも良いからとにかくお店でラーメンを提供しないことには商売になりません。

そのラーメンに相当するのが価値ある情報、つまりコンテンツです。
問題はどんなラーメンを提供するかということです。

ラーメン屋さんの場合は、お店をもつだけでもコストが掛かりますから、開店したその日からお客さんに食べてもらえるような美味しいラーメンを提供しないといけません。
いい加減なラーメンを出すと一発でお店が潰れます。
もちろん、見た目やサービスも大切です。

その点、ブログの場合はコストがゼロですから好きなように始められます。
また、失敗してもすぐに削除できますし、再投稿もできます。

少しがっかりされるかもしれませんが、最初の1ヶ月なんて、おそらくアクセスはゼロです。
誰も見に来ないのですから、好き勝手なことを書いてOK。

インスタント(適当な思いつき)だろうと、よそのお店(人のブログ)の引用だろうと関係ありません。
だからまずは毎日書くことが大切です。

そして、書くことに慣れてきたらしっかりとした内容を発信するようにシフトしていって下さい。
それがあなたの信用につながります。

私たちの仕事は、読者の悩みの解決の糸口となる情報を提供することです。
決して読者を泣かせる文章を書くことではありません。
ですから、読者がいかに楽な気分で読めるかだけを考えて構成を組み立てればそれだけでOKです。

ブログが続かない人は、ほとんどの場合、情報の仕入れが足りていません。
情報発信が仕事なんですから、材料を仕入れないことには始まりません。
情報発信を仕事にしていると、迷惑メールなんて概念もなくなります。

一見、怪しい商材広告だって、無料のものにはドンドン登録して情報を引っ張るべきです。
テレビで健康番組をやっていたら、それを見ながらその場で概略をメモ帳に打ち込んでいく。
番組が終わったら関連する情報をネット検索。
そして、それらを読みやすくまとめてブログに書く。
たったこれだけのことでも、その番組を見逃した人にとって見ればありがたい情報です。

つねに情報収集のためのアンテナを張って、発信を前提に情報を収集してみましょう。
あとは、集めた情報を、読者が楽に吸収できるような構成でつなぎ合わせて、あなたなりの文章にリライトするだけです。
たったこれだけのことでブログは書けます。

 

広告を非表示にする