読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

常識や習慣からの脱出

あの人は常識というものを知らない・・・

常識はずれのことをやるって、とても勇気がいりますよね。
でも、この「常識」というものにとらわれていたら、稼げるようにはなりません。

そもそも常識って何なんでしょう。
私は、常識とは「凡人が仲良く、肩を寄せ合って生きるためのルール」だと考えています。

今までは、常識的なことをやっていれば、普通の人には、そこそこの生活が保障されていました。
しかし、これからはそんな悠長なことを言っていたら、あっという間に貧困層への仲間入りです。
常識なんかに固執していると、このスピード社会では置いていかれるだけではなく、地滑りみたいな状態で落ちこぼれていきます。


それでは、何でも非常識なことをやれば成功するのでしょうか?
そんなわけないですよね。
キチンとした根拠と自信をもったうえでの非常識でないと、単なる「はみ出し者」です。

ただ一つ言えるのは、昔から成功してた人って、みんな初めのうちはキチガイ扱いされていた、ということです。
ですから、あなたも常識から外れることにビビる必要は全くありません。
自分が「これだ!」と思ったことへは、ドンドン突き進んで下さい。

失敗のリスクが少ないのがインターネットビジネスです。
そして、人のうわさも75日。
つまり「やったもん勝ち」です。


少し話を変えます。
「うちの業界は特殊だから・・・」
高齢の経営者が良く口にするセリフです。

では、特殊じゃない業界ってどんな業界なんでしょう。
どの業界においても、程度の差こそあるものの、「業界の慣習」はあります。

しかし、異業種からのライバルが、ドンドン土足で攻め込んでくる時代に、そんな古いしきたりや常識にとらわれていたら大企業に潰されて終わりです。

一方で、一般常識の逆をやって、急成長した例がたくさんあります。
例えば、常識で考えると、商売というのは商品を仕入れてからお店で販売しますよね。
でも、その逆、つまり仕入れルートだけを確保しておいて、先に商品を空売りしたらどうでしょう。

つまり、売上を確保してから商品を仕入れるわけです。
これならキャンセルや返品が発生しない限り、在庫を抱えるリスクはありませんよね。

以前と比べて、物流のスピードが上がっていますから、手元に在庫を確保するこが重要ではなくなりました。
配送も、仕入れ先からお客さまに直送させれば、倉庫代や人件費もかかりません。

手数料の関係で、多少、仕入れ値が高くなることで粗利が減っても、不良在庫が処分できずに運転資金がショートするより良いですよね。

さらに言えば、クレジットカードの支払サイクルを上手に使えば、商品は今すぐ入手して、支払いは後払いでなんてことだって簡単にできます。

つまり、何の信用もない個人でも売掛で仕入れができるわけです。一昔前だと非常識なやり方が、今ではあたりまえに成り立っていることがご理解いただけたでしょうか。

今までの常識は、これからの非常識
世間の常識を破れば破るほど儲かる常識という固定概念にとらわれずに、思いついたことはどんどんやってみましょう。

 

広告を非表示にする