読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

受信力のアップ

インターネットビジネスというのは、情報を扱ってお金をいただくことです。

つまりインターネットビジネスでは、あなたの商品は「情報」です。
そして、お客さまに提供するために仕入れてくるのも「情報」です。

たくさんの情報を仕入れて、それに付加価値を付けてコンテンツとして発信する。
極端な言い方をすれば、それがあなたの「仕事」です。


お客さんは、あなたのコンテンツに触れることで、自分の悩みを解決できる糸口を見つけようとします。
そして、その糸口が自分に合っていると感じたら、その時に何らかのアクションを起こしてくれるわけです。
これがインターネットビジネスですの基本的な考え方です。

だから、情報が発信できないと、収入を得るための選択肢がものすごく狭くなります。
情報を発信するって、難しそうですよね。

でも、実際はそんなに難しいことではないんですよ。
情報の受信力がアップすれば、簡単に発信できるようになります。
これは、慣れと日常の習慣です。

仕入れた商品(情報)に付加価値を付けて売る(発信する)だけですから、やっていることはリアルのビジネスと一緒です。
仕入れた商品を、お客さんが欲しがるような組み合わせにパッケージ化して販売する、といえばイメージしやすいと思います。

そのために、とにかくたくさんの商品(情報)を仕入れて下さい。

仕入れ先はいくらでもあります。テレビ、雑誌、書籍、新聞、広告・・・。
情報源はインターネットには限りません。

売ることを前提に仕入れるわけですから、売れない商品(情報)は仕入れてはいけません。
チョッと厳しいようですが、インターネットビジネスをやるなら、遊び気分でネットサーフィンをするのはやめましょう。
あなたにとっての情報検索は遊びではありません。

遊び半分の気持ちで市場に向かう魚屋さんがいないのと一緒です。
「誰に」とか、「どんな人に」教えてあげたら喜んでくれるか?
情報は、これらを考えながら集めて下さい。

 

広告を非表示にする