読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

提供と感謝

私は、ビジネスというのは、「提供」と「感謝」の交換だと思っています。

あなたが提供する商品や情報を手にしたお客さんは、あなたに感謝してると思いますか?
実は、ここがビジネスの肝なんです。
これは、どんなビジネスにも共通しています。

あなたが商品や情報を「提供」して、お客さんがあなたに「感謝」する。
感謝したお客さんが、こんどはあなたにお金を「提供」して、それに対してあなたが「感謝」する。

いかがですか?
「提供」と「感謝」の交換ですよね。

ポイントは、先に「ありがとう」を言うのはお客さんだという点です。
たとえば、飲食店で、

お客さん :「おいくら?」
店員    :「1,000円いただきます」
お客さん :「はい、1,000円ね」
店員    :「ありがとうございました」

お客さんは一度も「ありがとう」って言っていませんよね。
ただ対価を払っただけで、お店や店員さんに全く感謝をしていないんです。

これでは、店員さんがお客さんを大切にしているとは言えません。
もちろん、リピーターなんてあり得ないでしょう。
あなたは、お客さんに「ありがとう」と言ってもらえるものを提供していますか?

返報性の原理(法則)というのがあります。
人は他人から何かしらの「ほどこし」を受けたら、お返しをしないと気分が落ち着かない。
「もらいっぱなし」だと悪いことをしているような気がする。
という心理です。

あなたが何かを売りたいと思ったら、お客さんにこの心理が芽生えるまで、ただひたすら与え続けることです。
「ギブ アンド テイク」ではありません。
「ギブ アンド ギブ アンド ギブ・・・」

さて、あなたのブログやホームページには、読者さんが「得したなぁ・・・」と感じるような記事がアップされていますか?
読者さんが、毎回「これは良いことを知った!」「得をしたぞ!」と感じるようになれば、その中の何人かは必ずあなたのお客さんになってくれます。

手前みそになりますが、毎月10万円くらいなら、私が販売している商材
「はじめて稼ぐインターネットビジネス」の通りをやれば確実に稼げます。

だけど、その上の収入を狙うなら、しかもコストゼロ円で稼ごうとするなら、「お客さんが得をする情報」の発信に取り組んでいかないと難しいかもしれません。

 

広告を非表示にする