読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

毎日をやり切って寝る

ビジネスは「成果」が全てです。
なので、必ず何かしらの「成果」を残して一日を終えることを自分に義務付けると良いでしょう。

ビジネスの「成果」をズバリ言い換えると「売上」、つまりお金です。

もちろん、いきなりお金がドバーッと流れ込んでくるわけではありません。
それりの仕込みが必要です。

単調でつまらない作業かもしれませんが、きちんと種まきをしないと「成果」には結びつきません。
これはリアルのビジネスでの営業活動と一緒です。

なので、初期の段階の方に私は「成果」ではなく「結果」という言葉を使っています。

ここでいう「結果」とは、一日をやり切った時点での「成果物」です。
毎日「成果物」を作り続けることとは、その日に行った作業を目に見える形に残すことです。

例えば、ブログを2記事投稿するとか、ホームページを毎日1本作る、あるいはメルマガを毎日発行するとかです。

こういった日々の「成果物」、つまり毎日の足跡が、小さな売上につながった瞬間が「初めての成果」を達成したということです。

そして、「初めての成果」を達成したら、もう「成果物」にはこだわりません。
その日からは毎日「成果」、つまり「売上」を出し続けることです。

たとえそれが10円であったとしても、絶対に成果ゼロで一日を終えない。
この強いこだわりが大切です。

どうしても売上が立たない時は「はじめて稼ぐインターネットビジネス」でもご紹介している方法に立ち戻って下さい。

その気になれば、一日の成果がゼロなんてことは絶対にあり得ません。

売上がゼロの状態では仕事をしたことにはなりません。
私がインターネットビジネスを始めた頃は、その日の売上が確認できるまでは絶対に寝ませんでした。
というか眠れませんでした。

 

広告を非表示にする