読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

非客は切れ

非客という言葉をご存知ですか?
文字どおり、お客さんではない来店者です。

ビジネスが回り出すと、必ずクレーマーが現れます。
しかし、全てのクレーマーが非客というわけではありません。

ここでいう非客とはあなたの商売を邪魔するクレーマーのことです。
こういった非客を瞬時に見極めて、サッサと縁を切ることがビジネスでは必要になってきます。

例えば、リアルのビジネスでも、何かといちゃもんを付けて理不尽な要求をするクレーマーがいますよね。
こんなときに、口コミが怖いとか、売上がないからといって、真面目に相手にしていると、本来のビジネスが止まってしまいます。

それと、やたらと値引きを要求するお客さんも切った方が良いです。
それは、安さだけを求めるお客さんは、その時は良くても後々でクレーマーになる可能性が高いからです。

その他、転売のときには気を付けて下さい。
商品や納期、あるいは梱包や配送などに対する色んなクレームに出会うと思います。

もちろんあなたに落ち度があるときは誠心誠意をもって対処しないといけません。
しかし、余りにも理不尽な要求をするお客さんは、たとえどんなに大口客であっても、お断りをする勇気を持つべきです。


一方で、クレームからも学べることがあることを忘れてはいけません。
なので、クレームが寄せられたら、とにかく相手の話をよく聞いて下さい。

全ての人が、あなたのように、自分の意思を端的に表現できる人ばかりとは限りません。
多少、わけの分からないことを言っているように感じても、最初は真剣に耳を傾けることです。

何についてのクレームなのか?
そのクレームはあなたに非があるのか、それともお客さんの勘違いなのか?
そして、お客はあなたに対して何を求めているのか?

これらをキチンと聞きましょう。

もし、お客さんの勘違いであれば、その原因を作ったのは売り手であるあなたです。
間違っても、書いてあることをよく読んでいない客側が悪い、なんてことを思わないことです。

その一方で、この人は非客だなと判断したらバッサリと切ることです。

 

広告を非表示にする