読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

ガラクタを現金300万円に変えたお話

ガラクタは、無価値だと思うからガラクタなのであって、欲しいと思っている人から見ると決してガラクタではありません。

ですから、あなたにとってのガラクタも、見せ方一つで魅力的な商品に生まれ変わりますし、それを欲しいと思っている人の前に置いてあげると必ず売れます。

今回は商品の作り方です。
最近の実例なので、今回もドラムで話をすすめますが、この方法はあなたの家にある不用品をお金に換える方法に転用できるはずです。

大きさや音量の問題で、保管場所や練習場所の制約を受けるドラムという楽器は、ギターなどに比べるとマイナーな楽器かもしれません。
でも、ドラムに興味がある人は必ずこの世に存在します。

プロやセミプロ級の人。
アマチュアバンドで演奏している、どちらかというと初心者レベルの人。
まだ自分の楽器を持っておらず、これからドラムを始めようと思っている人。
若い頃は演奏していたけど、しばらく休んでいて、時間やお金に余裕が出来たから復活してみようと思っている人。

ドラムに興味がある人はたくさんいるはずです。
そして、楽器を買おうと思っている人の動機はさまざまです。

ですから、商品を売る際に一番最初にやらないといけないのは、「どんな人が買ってくれるか」を考えることです。
そして、「どんな人に売りたいか」ということをあなた自身がイメージすることです。
つまり、お客さんとなるターゲットをあなた自身が決めることです。

次に、ターゲット別に商品を組み上げていきます。

入門セットを高価なパーツで組み上げる必要はありません。
ですが、初めて買うドラムですから、買ったその日から練習ができるように、全てのパーツを揃えてあげれば喜んでもらえます。

高級なドラムに、高級なシンバルを組み合わせる必要はありません。
なぜなら、高級なドラムを求める人の多くは、すでに高級なシンバルはいくつも持っているのが普通だからです。シンバルは、あくまでも商品の形(見た目)を作るためにセットするだけ。
勝負はドラム本体です。

いくつもセットを組んでいくと不足する付属品が出てきます。
たとえばスタンドやペダル類です。
これらは、頻繁に買い足すものではないかからです。

どうするかというと、中古品を買ってきます。
ガラクタを処分するのに、何かを買うということに抵抗があるかもしれませんが、商品の価値を高めるためですから買い揃えるべきです。
壊れていなければ安物で問題ありません。

こうすることで、数千円の出費でセットとしての価値が数万円アップします。

セットに組み込まなかった高価なシンバルなどは、単品で販売します。
高価なシンバルを求めるのは上級者ですから、ドラム本体は既に持っているはずです。
なので、商品の紹介文にはメーカーやサイズに加えて、音色やマッチする楽曲などを書いてあげるとベテラン奏者の参考になります。

売上の公式は、売上=商品力×媒体力×販売力です。
ですから、商品力のパワーがアップすれば、売上もアップします。

これは、インターネットビジネスもリアル店舗での販売も一緒です。
お客さんの立場になって、思わず飛びつきたくなるような商品を作る。
または思わず買ってしまうような見せ方をすると、どんな商品でも現金化することができるでしょう。

 

広告を非表示にする