読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

文字数は600~1000文字がベスト

特に根拠があるわけではありません。
あくまでも私の経験則ですが、一つの記事の文字数は600文字~1000文字程度が良いような気がします。

インターネットで検索をする人は、目的のキーワードを入力しします。
そして、そのページが自分の目的を満たしてくれるかどうかは最初の2~3行で判断しています。
また、色んなサイトから情報を得て、何が正しいかを判断しようとしています。

ですから、あなたがどれだけ魂を込めて長文を書いても、全文を読んでもらえることはないはずです。
たくさん書きたいことがあるときは、「詳しくはこちら」のようにリンクを貼って、記事を階層化すると良いでしょう。
そうすることで、一つの記事を600文字~1000文字にまとめていきます。

600文字~1000文字というのは、ボリュームにすると大体原稿用紙で2~3枚ですね。
ちなみにアナウンサーが1分間に読み上げる原稿の文字数が350~400文字だと言われています。
つまり、日常の会話で2~3分、黙読すれば1分弱くらいのボリュームが、読者に負担をかけないボリュームだといえます。

書き方のポイントは、最初に結論を書くことです。
結論を書いた上で、あらためて「起承転結」と続けてください。

読者の関心を引き付けるのが最初の結論。
そして読者の心に残りやすいのが最後の結論あたりに書かれた内容です。
メルマガやセールスレターだと「あとがき」や「追伸」といわれる部分です。

ホームページ、ブログ、メルマガ・・・。
文章を書くときの参考にしてみて下さい。

 

広告を非表示にする