読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

トレードオフについて

あなたも「トレードオフ」という言葉は知っていますよね。

トレードオフ」というのは、「一方を追求すれば、他方を犠牲にせざるを得ない」という関係です。
そして多くの場合、片方は「お金」です。

たとえば、
「福祉を充実させれば、税金が上がる」
「優秀な人材を集めるには、求人費用や過大な人件費が掛かる」
などが良い例でしょう。

これを逆の方向から見ると、このような例もあります。
移動のときに普通電車ではなく特急に乗ったり、新幹線を飛行機に変えたりするなど、少し余分にお金を払うことで、自由な時間を手に入れることができます。
また、お金を少し犠牲にすることで、無農薬の食材で安心を手に入れたり、高級レストランで美味しい料理や楽しいひと時を手に入れることもできます。

このように、世の中のほとんどがこの「トレードオフ」の関係でバランスを取っています。

しかし、ビジネスで成果が出ない人に、この「トレードオフ」を無視した人が非常に多いように感じます。

「お金は欲しいけど、寝る時間は減らしたくない」
「稼げる方法が知りたいけど、お金は払いたくない」
「ビジネスは成功させたいが、趣味の集まりは休みたくない」

こんな都合の良い話は絶対に存在しません。
あなたも、大きなものを得たければ、それなりのものを差し出す覚悟を持ってください。

趣味の時間や寝る時間を減らして、沢山のお金を投じたら必ず成果が出るとは言いません。
しかし、短期間で成果を出してきた人は、皆さん趣味の時間や寝る時間は減らして、それなりのお金を投じています。
ちなみに、私も短期間だからということで、家族にはずいぶん無理を言ってきました。


最後に、別の例をあげておきます。美味しいお寿司は値段も高いです。
しかし、高いお寿司屋さんが必ず美味しいとは限りません。
添加物、産地偽装、期限切れ食材の使いまわし、従業員イジメのブラック企業・・・。

「安くて美味い!」のウラには、必ず何か理由があります。
ですから、やみくもに安くて美味しいお寿司屋さんを探すのは時間の無駄だということを覚えておきましょう。

 

広告を非表示にする