読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

参入して良いビジネス、ダメなビジネス

ビジネスは人まねから始めるのが王道です。
ですが、先行者がハデに儲けているからといって、何でもかんでも飛びつけばいいというものではありません。

ビジネスには「ライフサイクル」というものがあります。

もしあなたに、気になるビジネスがあるのなら、それが今、ライフサイクルのどこに位置しているかを確認すべきでしょう。

ライフサイクルとは、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」→「(新たなビジネスモデルの)導入期」→の繰り返しです。

もし、まだ導入期であれば参入してはいけません。
たしかに、「先行者メリット」がガッツリ取れるのは導入期ですが、リスクが高すぎます。

それと、衰退期が見え隠れするところに位置しているビジネスにも絶対に参入してはいけません。

衰退期が見え出した頃は、誰も追従できないくらい圧倒的な立場を作っておかないと稼げなくなります。

もし衰退期が見え出したにもかかわらず、そういう立ち位置に達していなかったら、サッサと離脱して次のビジネスに乗り換えるべきです。


どんなビジネスも、参入するのに一番いいのは、成長期の中盤くらいです。
そう考えると、例えばYoutubeの広告収入で稼ぐ方法を今から始めてはダメだということが分かりますよね。

Youtubeの広告収入で荒稼ぎをしているというと、真っ先に思いつくのが「Hikakin(ヒカキン)」さんや、「はじめしゃちょー」さんですが、今からあなたが彼らの真似をするのは自殺行為です。

もちろん、彼らはすでに圧倒的な立場を作り上げていますから、これからも稼ぎ続けるでしょうが、私たちが追いつくことは、まず不可能です。

たまに、一発屋が出てくるので、心が揺らぐかもしれませんが、ビジネスとして取り組むなら真似をしないことです。


同じYoutubeを使ったビジネスでも、広告収入以外に稼ぐ方法はあります。
今ならそういったビジネスに算入すべきです。


中国転売、メルカリ転売、ヤフオク転売・・・。
こういった「転売系のビジネス」にもライフサイクルはあります。

ポイントは、どんなビジネスも「自分が参入したいときにやる」のではなく、「マーケットが受け入れてくれる時にやる」ということです。

ビジネスの旬を逃さないように、常に新しいものに関心をもつようにしましょう。

 

広告を非表示にする