読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

初めてのコピーライティング

セールスページの構成や文章はプロのまねをして下さいね。

完全にコピペしない限り、どれだけまねをしても、怒られることはありません。
なぜかというと、プロも同業者のまねをしているからなんです。

セールスページの目的は「売ること」です。
ですから、極端にいえばセールスページの要素は、
・キャッチコピーでお客さんをつかまえて、
・本文で商品を説明して、
・買ってもらう。
たったこれだけです。
この3つの要素に、お客さんの心理を考えながら、色々と飾り付けていくわけです。

さて、売れる広告のパターンというのは決まっています。
あなたは「スワイプファイル」というのをご存知でしょうか?
これは、過去に使ったコピーをファイルした、いわば「ネタ帳」のようなものです。

プロのライターは、みんな自分のスワイプファイルというものを持っています。
このスワイプファイルから、商品や購買層に応じて言葉やフレーズを引っ張り出してくるわけです。

なので、あなたもたくさんの広告を見て、いいなと感じたものは控えておくと良いでしょう。

参考になるのは、通販カタログです。
見出しに関しては何といってもスポーツ新聞がいいです。
また、スクープ系の週刊誌なんかもおすすめです。

間違っても「一から自分で考えて・・・」などと思わないで下さい。
人まねをすることを恥じることはありません。
乱暴な言い方をすれば、ビジネスはアイデアのパクリ合いです。

あなたが良いなと思ったコピー、あなたの目にとまった表現は、必ず誰かがまねをしているはずです。
それも大勢の人がです。

ですから、目先の現金を稼ぎたければ、遠慮すせずに徹底的に人まねをすることです。
あなたのオリジナルを出していくのは、人まねが完璧にできるようになってからにしましょう。

 

広告を非表示にする