読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

商品を優先すると失敗する

インターネットビジネスは、基本的に費用ゼロ円で始められます。

しかし転売は別です。
仕入れた商品に利益を乗せて売るわけですから、どうしても仕入れの資金が必要になります。

ヤフオクのようにすぐに現金化できる媒体で、クレジットカードで仕入れるなど、決済の時間差を利用することでお財布から現金を出さずに取引を完了させることは可能です。

しかし、仕入れた商品が売れなかったらどうなりますか?
在庫を抱えて負債を背負い込むことになりかねません。

別の例です。
・あなた自身がダイエットに成功した。
・あなたはタガログ語(フィリピンの言語)のような、少しマイナーな言葉が得意である

あなたに、こういった知識や経験があれば、それをコンテンツとして販売することができます。

コストゼロ円で商品が作れるわけですから利益率は無限大。
不良在庫や在庫切れの心配もありません。

しかし、コンテンツを完成させるにはそれなりの手間と時間がかかるでしょう。
せっかく完成させても売れなかったら、あなたの人件費だけ損をすることになります。

なので、このように商品を仕入れたり制作したりして販売する際に覚えておいてほしいことがあります。
それは、商品を用意する前に、まずその商品が売れるかどうかを確かめることです。

やり方は簡単です。
「先行予約販売」をすればいいんです。

仕入れルートが確保できているなら、あるいはあなた自身がコンテンツの作成者であるなら、商品が手配できないという心配はありませんよね。

手元に商品が無くても構いませんから、ホームページやブログ、あるいはメルマガで購入予約を受け付けてください。
そのとき、先行販売の特典を付けてあげることと、もし販売に至らなかったときは全額返金することをお客さんには伝えておいてください。

そして注文が入ったら、商品を仕入れるなり作成するなりして販売します。
思うように注文が入らず、商品を作成しても割に合わないなと感じたら、販売を中止してお預かりした代金を返金すればいいだけです。

これはインチキでも詐欺行為でもありません。
「ドライテスト」と言って、立派なビジネス手法の一つです。

 

広告を非表示にする