読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

ヘッドライン(見出し)の書き方

ヘッドラインは、読者に対して、ボディ(本文)の結論、言い換えるなら読者が得られるベネフィットを、ひと言で約束する部分です。

ヘッドラインもパターンは決まっています。
だから、自己流を考えるより、売れている表現を真似る方が良いでしょう。

ヘッドライン、長い文章は好ましくありません。
リズム感のある、短文が良いでしょう。

実際に声に出してみて、抑揚を感じるようなフレーズが好まれます。
例えば、「○○の方法」、「○○できる方法」のパターンです。

・1日10分間の簡単な運動で肩こりが解消する方法
・あなたも億万長者になれる方法
・3食べながら痩せる方法
などをよく見かけます。

「秘密」という言葉も、読者の注意を引くのに使えます。
・いままで決して明かされることがなかった○○の秘密
・初めて語る○○の秘密

損をしたくない。騙されたくない、という心理に火を付けるなら、「注意!」、「○○は、まだするな!」を使う方法もあります。
・注意!悪徳○○の手口
・家はまだ買うな!

挑発的質問も効果的です。
・「あなたは、3日で5キロのダイエットができますか?」

あるいは、カン違い、意外性、ドッキリ感といった、虚を突くようなフレーズで攻めることもあります。
・読むだけで禁煙できる
・30分以内にお届けできなければ代金無料!
今までの常識では考えられなかったところを突いて読者をつかむ方法です。

普段の生活の中に、使えるキーワードはたくさん落ちています。
そういったキーワードを、パターン(テンプレート)にあてはめてください。

たくさん試していると、ボディ以下が同じセールスレターでも、ヘッドラインを差し替えるだけで反響が違ってくることが実感できるはずです。

 

広告を非表示にする