読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

追伸(あとがき)

追伸(あとがき)追伸は、ヘッドラインの次に読んでもらえるパーツです。

追伸の目的は2つです。
1.もう一度ボディ(本文)を読ませる
2.追伸で購入を決断させる

ヘッドラインで立ち止まった読者のうち、約2割が本文を読むと言われています。

しかし、本文を最初から最後まで、真剣に読む人が何人いるでしょうか。
おそらく、本文をザーッと流し読みをして、値段を確認したら、さっさと別のページに移って比較検討にはいるはずです。

すくなくとも、一発であなたが望むとおりのアクションを起こしてくれる人はいないでしょう。
そういった「薄い見込み客」に、もう一度ボディを読ませるのが追伸の目的のひとつです。

何度もボディを読み返しているうちに、クロージング書かれている特典なども読むようになって、最初は薄かった見込み客も、しだいに濃い見込み客に育っていきます。
そして、気が付いたら申し込みボタンをポチッと・・・。

もう一つの目的は、見込み客としては濃いものの、いまひとつ煮え切らないお客さんに決断してもらうことです。

今まで書いてきたことのまとめで背中を押してあげます。

特に強調した方が良いのは次の3点です。
1、決断を促す行動することが「賢明な判断」であること、そして、このタイミングを逃さないことがいかに重要であるかの「理由」を説明します。
2.保証の確認「ノーリスクである」ことを確認してもらい、一番ハードルが高い「金銭面での不安」を完全に取り除きます。
3あなたからの熱いメッセージ絶対に、買った人のお役に立てることを約束する文章を加えます。

常に一人の見込み客に語りかけるような文章にして下さい。
画面の向こう側にいる特定の読者をイメージして、その人のことを思い浮かべて、その人のためだけに書くことです。
・読者は、どんな気持ちで読んでいるのか
・読者は、何に迷っているのか
・読者は、次にどういった行動をとりたいのか

読んでいる見込み客の心理や行動を、しっかりとイメージしながら書いて下さい。

 

広告を非表示にする