読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

がんばろう!と思っても挫折する

今日こそやろう!と意気込んでみたものの、つい他のことに手を出してしまう。
あなたにも経験があるでしょう。

でも、それは仕方がないことなんです。
決して、あなたの意志が弱いのではありません。

マズローというアメリカの心理学者が、欲求5段階説ということをいっています。
人間の欲求には5段階あって、本能から近い順に、
1.生存的欲求
2.安全的欲求
3.社会的欲求(帰属欲求)
4.尊厳欲求(承認欲求)
5.自己実現欲求なんだだそうです。

では、ビジネスで成功したいという欲求はどの段階でしょうか?
あるいは、志望校に合格したいという欲求はどうでしょう?

そもまえに、この5つの欲求をひと通り説明しておきます。

まずは生存的欲求。これは人間に限らず、すべての動物が持っている欲求です。
つまり、
・ご飯を食べたい
・眠りたいといった「死にたくない!」という本能的な欲求です。

これが満たされると、次に安全的欲求が芽生えるそうです。
・外敵にわれないように家で寝たいという、少し人間的な欲求です。

そして、安全に生きられることが担保されると、次は社会的欲求です。
・仲間と楽しく暮らしたい
・学校に行ったり、どこかに就職をしたいこのように社会生活を営みたいという欲求が生まれてきます。

社会生活ができるようになると、今度は他人に認めてもらいたいという欲求が生まれます。
・褒められたい
・感謝された
・良い評価をしてもらいたいという欲求で、どちらかというと精神的な欲求になってきます。

そして最後が、自分の願いをかなえたいと思うようになります。
・自分の能力を生かした仕事がしたい
・自分が決めた目標を達成したい言いかえるなら、理想の自分になりたいという欲求です。

それでは、「ビジネスで成功したい」、「志望校に合格したい」という欲求はどの段階にあるのでしょうか。
一番最後の「自己実現欲求」ですよね。

表面的にはあなたが一番達成したい欲求ですが、現実にはこの欲求の前にクリアしないといけない、他人からよく見られたいという承認欲求があり、もっと前段階には人と話したいという社会的欲求があります。

そして、思考の根底には、できるだけリスクを取らずに生命を維持しようとする、実に横着な「生存欲求と安全欲求」があります。
本能に近い欲求を全て満足させてからでないと、自己実現欲求を満たそうとはしません。

だから、どうしても自己実現欲求というのは後回しになってしまうのです。

この心理状態を理解していないと、「なんて意思が弱いんだ・・・」と自分を責めてしまいます。

空腹、睡魔、友達付き合い、ボランティアなどを理由に、本来やるべきことが進まないのはあなたの意志の弱さではありません。
「さぁ、やるぞ!」という、感情的な意気込みがなくても自己実現欲求に向かって動けるロジックを組み立てることが必要です。

 

広告を非表示にする