読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

求められる情報ビジネス

情報発信ができないと、情報ビジネスで収入を得ることは困難です。

インターネットビジネスには、転売という方法もあって、これだと基本的に情報発信は不要です。
ですが、商品を紹介したり、購入を促すためのコピーライティングというものが必要になってきます。
私が良く言う「販売力」です。

そのコピーライティングすら必要無い転売方法もあります。
しかし、その場合は売れる商品を探す力(リサーチ力)がとても重要になってきます。
「商品力」ですね。

例えば、Amazon転売を例にとると、同じ商品を同じページで何人もの人が販売しています。
ですから、
・必ず売れる商品を
・人より少しでも安く仕入れる
という「商品力」を鍛えないと競合に負けて、売れない在庫に苦しむことになります。

在庫リスクを背負う前に、ノーリスクで稼ぎたいなら、あなた自身のメディアを作ることをお勧めします。

ブログ、ホームページ、メルマガ、Youtubeなど、情報を発信することが出来る媒体をたくさん作って、「媒体力」を身に付けましょう。

読者さんや視聴者さんが求めている情報を、分かりやすく提供すれば、あなたのメディアには人が集まってきます。
そして、大勢の人が集まれば、商品は必ず売れます。

始めのうちは、発信する内容は何でも構いません。
「こんなこと、誰でも知っている」と思うのは大きな勘違いです。

あなたが当たり前だと思っていることでも、日本全国には、まだ知らない人が必ずいます。

また、
・知っているように見えて、本当は何も知らない人
・本人は分かっているつもりだけど、実際は全くトンチンカンな解釈をしている人
が大勢います。

これだけ情報が溢れているのですから、「誰も知らない特ダネ」を探すのは大変です。
特ダネのスクープを狙ったところでプロには勝てません。

そんなことをするより、情報収集や情報の分析、そして情報の整理が苦手な人が助かりそうな情報を発信する方が楽ですし、喜んでもらえます。


そもそもビジネスとは、
・人の悩みを解決する
・人が面倒くさがることを代わりにやってあげる
こういったことでお金をいただくものです。

あなたが、どんな情報を発信したところで、法律に触れたり誹謗中傷をしていない限り、誰からも責められることはありません。
だから、あなたが知っていることは、遠慮することなく積極的に発信していきましょう。

知らない人から見れば、のどから手が出るほど欲しかった情報かもしれません。
目からうろこのノウハウかもしれません。

たくさん発信していると、そのうちに求められる情報というものが見えてくるはずです。

 

広告を非表示にする