読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

メールの処理速度

あなたは、1日に何通くらいのメールを受け取っていますか?

メールの処理速度で、仕事の成果は大きく変わります。


私には、毎日3,000通近いメールが届きます。

そして、私はこれらの全てに目を通しています。

ただ、全てを丁寧に読むわけではありません。

速読で内容を把握したら、ドンドン仕分けをしていきます。

返信が必要なメールには、出来る限りその場で返信をしてしまいます。
その時は少し時間をロスするようでも、あとでもう一度読み直して返信するより勝負が早いです。


もちろん、時間が無いときは、フラグを立てるだけで、仕分け屋返信は後回しにすることもあります。

ですが、一瞬で内容を把握することに変わりはありません。
メールの速読も受信力の一つです。

メールが速読できるようになると、ホームページやブログから情報を集める時間も早くなります。


こうすることで、いつも受信トレイをきれいな状態に保てます。


あたりまえのことですが、メールは処理をしただけではお金になりません。


なので「メールを処理するのが仕事」にならないようにしましょう。


仮に1通あたり3秒、つまり1分間に20通のスピードで処理しても、2,000通のメールを処理するには2時間近くかかります。


だから、細切れ時間を上手に使う工夫が必要です。

例えば、電車の中はもちろんのこと、駅のフォームやエレベータの前などで立ったままの状態でも、1分間に20通のメールを処理することができます。

もちろん、同時に社内の吊り広告はチェックしますし、乗客が話をしていればその会話にも耳を傾けます。

とにかく常に情報収集です。

そして収集した情報は、出来るだけ早い時点で、あなたの言葉で発信するように心がけましょう。

さもないと、せっかく仕分けた情報が使わないうちに次の情報で埋もれてしまいます。


少なくとも、1日1,000通くらいのメールは楽勝でチェックできるようになりましょう。

広告を非表示にする