読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

ギャンブルは胴元が勝つわけ

年収400万円の人が、
「オレは毎年、1,000万円くらいの馬券を買って、800万円くらいは払い戻しを受けている」
と言っていたら、あなたは信じますか?


実はこれ、競馬好きのサラリーマンなら別に珍しいことではありません。

当たったり外れたりすることを繰り返しながら、結局は毎年200万円くらい損をしているだけなんです。


「また競馬で3万円負けちゃった(涙)」
よく聞きますよね。


ところが、3万円負けたからと言って、買った馬券が3万円分ということではありません。


1日に1レースだけやって、3万円をつぎ込んで外れたのであれば、買った馬券も3万円分です。

しかし、1日に何レースもやっていると、外れてばかりではありません。
いくつかは的中するでしょう。

例えば、
まず、1レースに1万円を賭けたとします。
それが外れて手持ちが2万円になった。

2レース目も1万円賭けたら、今度は的中して手持ちの資金は7万円に。

7万円になったのだからと、3レースでは2万円分の馬券を買ってみた。

これがまた的中して、10万円の配当になった。

この時点で、手持ちのお金は15万円です。

これに気を良くして次の4レースからは5万円も買ったとします。

ところが、その後1本も的中せずに結果はオケラ・・・。
お財布が空っぽになった状態です。

そして、
「あ~ぁ、今日も3万円やられた・・・」
これがよくあるパターンです。


しかし買った馬券の合計金額は3万円ではありません。


1万円+1万円+2万円+5万円+5万円+5万円
=19万円!

家を出るときに3万円しか持っていなかった人が、実際には19万円も馬券を買っているんです。


1年は52週です。
そして、JRA日本中央競馬会)は、原則として、土日にしか競馬を開催しないので、約100日開催。

このうちの半分(50日)に手を出したとしましょう。

1日の負けが3万円(年間150万円)。
買った馬券が19万円(年間約1,000万円)。

平凡なサラリーマンが、年間1,000万円を競馬に突っ込んだ!
というのは、決してホラでも大袈裟な話でもありません。


ちなみに、競馬の主催者(JRA)は、馬券売り上げの25%をピンハネします。

年間1,000万円×25%=約250万円

年収400万円ののサラリーマンが、250万円も主催者に払っているのって凄くないですか?


これが胴元(主催者)が儲かる仕組みです。
というか、バクチが絶対に儲からないカラクリです。


競馬は当たらないのではありません。
儲からない仕組みなんです。

これでもまだあなたは「競馬で蔵を建てようと」夢を見ますか?

広告を非表示にする