読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

クレクレ星人

いくら無料で始められるインターネットビジネスとはいえ、ノウハウまで無料なわけではありません。

 

ゼロサムゲームトレードオフ、ギブ アンド テイク、返報性の原理、作用 反作用の法則・・・

色んな言い方がありますが、結局のところ、この世の中にタダのものはありません。

 

あえてタダのものを見つけるとしたら、親が赤ちゃんに与える愛情。
これだけが、無償のものといえるでしょう。

 

これだって、赤ちゃんはきちんと親にお返しをしています。
笑顔や成長、そして「子育て」という思い出をくれています。

 


ところが、いい歳をした大人が、タダのものを血眼になって探しています。

「タダならもらっておこう」
このような気持ちの人間が、ビジネスで成功することは絶対にありません。

 


実は、私のところにも、色んなことを「教えjて下さい」というメールが届きます。

もちろん、ある程度は無料コンサルをしています。

しかし、私も色んな人に、同じことをお伝えしているわけですし、一つずつメールで無料対応するのは、さすがに大変です。

 

ですから、大きな柱だけを、いくつかのコンテンツにして、質問者のレベルに合わせて提供しています。

このコンテンツを使って、自主的に予習をしてもらった方が、お互いに楽だとは思いませんか?

 

でも、このコンテンツを紹介した途端に「え~っ?お金がかかるんですかぁ???」
「やっぱ、商売だったのね・・・」


ずうずうしいにもほどがあります。
「もう、どこにでも行ってくれ!」

これが私の本音です。

 


確かに、ネット上には無料情報がたくさん提供されています。
しかし、これはあくまでもサンプルです。

食品売り場での試食のようなものです。


味見をして、美味しいから、しっかりと食べてみたいと思ったら、キチンとお金を出して買う。

この味なら、買わなくても自分で作れると思ったら、味だけ覚えて商品は買わない。

美味しくないと感じたら買わない。

この判断をするために、タダで口にするのが試食です。

試食はお腹を一杯にするものではありません。

 


もちろん、情報ビジネスに取り組んでいる以上、たくさんの無料情報を仕入れて、確認したり試してみたりすることは、とても重要なことです。

 

ですから、無料情報は片っ端から「試食」しないといけません。

 

しかし、人にモノを聞くのにタダということは絶対にあり得ません。
説明してくれる人のギャラはどうなっているんでしょう。

 

それを、何とかしてタダで聞き出してやろう・・・。

少し親しくなったら、何でもタダで要求してくるタイプ。

 

無料のものばかり追いかける「クレクレ星人」

絶対に稼げないタイプです。

 

情報ビジネスで稼ごうと思ったら、「価値ある情報」はタダではないということだけは忘れないで下さい。

広告を非表示にする