読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

騙されることを恐れるな

騙されることを恐れて何もしないのは愚かなことです。


詐欺は適用するのが簡単な犯罪です。
同時に、立証するのが難しい犯罪でもあります。


痩せる器具を買って痩せなければ、購入者から見たら詐欺商品です。
しかし、その器具を使って痩せたら人が一人でもいたら、詐欺商品とはいえないでしょう。


まずいラーメン屋さんが詐欺罪にならないのは、美味い不味いには個人差があるからです。

 

 

そもそも、普通に生活をしていて「詐欺商品」をつかまされるなんてことがあるのでしょうか?


私は、今でもたまに情報商材とかノウハウものを買うことがありますが、これまでに詐欺商材に出会ったことはありません。

 

もちろん、効果や結果の程度によって、値段の割に「良い商材」、「大したことがない商材」、「どうしようもない商材」と分類することはできます。

しかし、根っからのダマし商材というものは、そう滅多にあるものではありません。

 


ですから、「騙されリスク」に怯えて、何も取り組めない人は、ビジネスで勝負すべきではありません。

おとなしく労働者であり続けるしかありません。

 

人が稼いでいるから、といて真似をしても思考が違うのですから無駄です。

 


ちなみに「オレオレ詐欺」は商品販売ではありません。
立派な犯罪です。
架空のアダルトサイトを使った「振り込め詐欺」もただの犯罪です。


また、投資詐欺だって、最初から人を騙そう思ってファンドを組んだものばかりではありません。

資金の調達を試みたものの目論見が外れたり、資金繰りがうまくいかなくなった時に、お金をもって逃げてしまうから詐欺で立件されちゃうんですね。

 

資格商法点検商法だって、私に言わせれば営業上のオーバートークの度が過ぎているだけです。

 

もちろん、欲の皮が突っ張った人間をダマしてお金を巻き上げる詐欺師がいないとは言いません。

しかし、インターネットビジネスで、そこそこ名が通った人が販売している商材の中から、インチキなものを見つけるのは、かなり難しいと思います。

 

 

どんなに素晴らしい商材であっても、全員がボロ儲けできるようなノウハウは存在しません。
儲からないのは、多くの場合において、素直に取り組んでいないか、行動量が少ないかのどちらかです。


ですから、怪しいという気持ちが9割だったら、1割に賭けて試してみることをお勧めします。

 

「こんなに実績があるのだから大丈夫だろう・・・」
という安心感があるノウハウは、すでにメジャーになっていて、美味しいところは残っていません。

時代遅れの可能性が高いです。

 

ビジネス商材なんて、仮に騙されたとしても大した金額ではありません。

逆に、騙されることを恐れてばかりで何もしないのが一番の損です。

広告を非表示にする