読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

確定申告

税金を取られるから・・・
節税対策に・・・

ビジネスで成功しようと思ったら、こういう思考は改めた方が良いです。
税金のことは考えないことです。


今年も確定申告をすませてきました。

いまは、申告も納税もすべてインターネットでできるんですが、毎年、税務署や申告特設会場にに足を運んでいます。
そして、街で食事をするのが習慣になっています。

そこで、今年のビジネスが順調に進んでいるかどうかを確認します。


私のような個人事業主に、決算の期限はありません。
一応、締め日は年末の大晦日なんですが、損益計算書、貸借対照表、それにキャッシュフローは毎月確認しているので、ハッキリ言って決算なんかどうでも良いんです。

 

税務署に提出する決算書一式も、ソフトがしっかりしているので、ワンクリックでプリントアウトできます。

法律で定められた税額がに間違いがなければ良いだけなので、普段は税金のことなんか気にしません。

 


ところで、国が何かを推進するときは、必ず税制を改めます。

・自動車、住宅、エネルギー問題などを税でコントロールします。
・タバコの消費を減らすために増税します。
少子化なんだから、子育てをしない主婦を働かせようと配偶者控除を見直したり・・・。

 

その結果、
・税金のために、駆け込みで家を買ったり車を買ったり・・・。
・健康上の理由より、値上げ(増税)されたからということでタバコをやめたり。
・ビールにするか、発泡酒にするかも結局は値段(税金)しだい。

税金のことを考えるのって、なんだか、政府に操られているみたいでイヤじゃないですか?

 


自分のビジネスなんですから、自分で収支や税額を計算して、自分の意志で納税しましょう。

税金は取られるものではありません。
自ら申告して納めるものです。

 

しかし、働きに行くと税金は源泉徴収されます。
この「税金を取られる」という思考はサラリーマン特有のものです。

 

サラリーマンを続けていても大きなお金は作れません。
また、節税についても、サラリーマンと同じくらいの収入レベルのうちは考える必要ないでしょう。

税金のことを心配するより、今日の売り上げを心配する方が先です。

広告を非表示にする