読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

誰にでもできる転売

色んなやり方があるインターネットビジネスですが、転売だけで充分な利益を確保することは可能です。

事実、転売だけでご飯を食べている人も大勢います。


ですが、自分で検品、在庫管理、発送をするのって、とても大変ですよね。
しかも1個売って粗利が数百円とかだどバカらしくなってきます。


だけどよく考えてみてください。
リアルの店舗、例えばコンビニのオーナなんかは、全てこれをやっているんですよ。

 

500円のお弁当を1個売って、いくらの粗利になるのでしょうか?
時間が経過して廃棄すると、いくらの損失になるのでしょうか?

気を使って、体力を使って、経費を払って・・・。

  

その点、インターネットビジネスはいいですよね。
店舗の家賃はかからないし、人件費も不要です。
体力も必要ないし、空き時間だけで取り組めます。

極端な話、情報の受信力、そして発信力だけで商売になっちゃうんです。

  

転売でも具体的なノウハウはいくつかあるんですが、たとえば仕入れ先に、販売とは別のプラットホームを使う、という方法があります。

具体例をあげれば、アマゾンで仕入れて、メルカリで売る。
アマゾンで仕入れヤフオクで売る、という方法もあります。

 

慣れてくると、アメリカのアマゾンで仕入れて、日本のアマゾンで売る、なんてこともできます。
いまは、翻訳サイトがあるので、英語ができなくても平気です。


つまり、プラットホームをクロスさせるんですね。
別の言い方をすれば、「マーケットを変える」ともいえます。

 

これって、リアルのビジネスでは、別に珍しいことではありません。
東京で仕入れた商品を大阪で売る、あるいは北海道で仕入れて東京で売るなんてあたりまえじゃないですか?

 
アマゾンの良いところは、商品管理や発送業務を代行するサービスがあることです。
FBAというんですが、多少お金を払えば、面倒な作業をすべて代行してくれます。

確かに、1個当たりの粗利は下がりますが、たくさんの数が捌けますし、あなた自身は全く手を下さなくても収入になるのでとてもありがたいサービスです。


中国製品をアマゾンで販売する方法も有名です。

いわゆる「中国転売」なんですが、これは意外と手間がかかります。
中国製品には不良品が多いんですね。

 

私の場合は、不良品のクレームがあったら、お詫びのメールに「返品は不要です」と書いて、もう一つ新品を送るよう、スグに手配します。

不良品を送り返されてもゴミが増えるだけです。
それに、中国製品は仕入れ価格が安いので、着払いで送ってもらうと損失が増えるので、お客さんに処分してもらっています。

 

転売は、ノウハウの旬が短いのが難点です。
スグに真似をされて競合が出てきますからね。

もちろん、時代に合わせて工夫を凝らしていけば長期間稼げますが、初めて取り組まれる方は「ノウハウの鮮度」にも気を使ってください。

 

少なくとも、書店で販売されるようになったら「そのままでは使えないノウハウ」だと思った方が良いです。

 

その点を押さえておけば、転売は誰でも稼ぐことができます。

あとは、コツコツ経験を積んで、効率を上げることです。

広告を非表示にする