読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

ストーカー被害にあわないため

ヤフオクとかメルカリを見ていると、いろんなものが売られていますよね。

 

その中で、最近目に付くのが女子中学生や女子高生の制服です。
特に名門私立の制服の値段は高いですね。


不用品の処分ですから、何も問題ないように思えますが、少し気を付けたほうが良いことがあります。


そもそも、お嬢様学校に通わせるような家庭の人が、古着を買うとは考えにくいです。
ということは、誰が買うのか?

そう、制服マニアです。

 

趣味の問題ですから、制服マニアが悪いとは言いません。
しかし、中には性癖が怪しい人もいるはずです。

 

そんな人に、わざわざ「うちには年ごろの娘がいるんですよ」って教える必要がありますか?
発送するときに住所を相手に知らせるわけですからね。

ものすごいリスクだとは思いませんか?


何でもそうですが、リスクは知っていればいくらでも対処できます。
リスクについて何も考えずに、ビクついていたら何も始まりません。


たとえば、こういった商品は、思いっきり高値を設定した方が良いでしょう。

相場なんか関係ありません。
数に限りがあるものですから、いずれ最後の1点になるでしょう。
その時に、本当に欲しい人は、いくら高くても買ってきます。

 

もし売れなかったとしても、元々あったものですから、そのまま家に置いておけばいいじゃないですか。
ゴミとして捨てたっていいし。


そして、売れたときは、できることなら、娘さんがいない男子同級生に発送を頼むとか、親戚の名前で発送するといった方法でリスクを回避します。

そういったときのお礼も加算して、高値で販売するわけです。

 


ちなみに転売で稼いでいる人は、絶対に高値では買いません。
安値で仕入れないと儲かりませんからね。

高値で買う人はマニアだと思って間違いないでしょう。

 

 

今のところ、転売でのストーカー行為がニュースになったことは聞きませんが、これから先のことは分かりません。
ネット上でマニアックな不用品を販売するときは注意した方が良いでしょう。

広告を非表示にする