読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

悪いのは自分

ヤマト運輸のブラック体質が報道されています。
この件で、私が感じるのは、働いているドライバーの意識が低いということです。

 

仕事がキツイ割に給料や待遇の悪い職場、将来の夢がない会社など、いわゆるブラック企業から労働者が流出するのはあたりまえです。

酷なようですが、色んな理由を付けて「辞める」という決断ができない人が苦しむのは仕方がないことです。

 


このブラック問題では、なぜ同じようなことをやっている佐川急便は騒がれないのでしょう。
・佐川急便がズルいのか?
ヤマト運輸の危機管理がヌルいのか?

 

佐川急便は、法人の集荷と配送は社員が行い、個人宅への配送はほとんど下請けに出しています。

下請け業者は、軽トラックで個人宅を回る個人事業主です。
そして、1件配達していくら、という完全出来高制ですから、留守宅に何回でも訪問します。

 

労働基準法なんか関係ありません。労災もありません。
事故や交通違反をしたら「会社に迷惑をかけた」という理由で契約解除。

仕事が欲しいドライバーにとしては、こんな過酷な条件でも承諾せざるを得ません。
しかし、従業員ではないので、だれからも咎められることありません

 


一方、ヤマト運輸は繁忙期以外は、基本的に社員とか契約社員が個人宅も配送します。
従業員ですから、労働基準法の適用もあるし、労災もあります。

まともに営業したら、経営面ではヤマト運輸の方が苦しいに決まっています。

 


ネット通販でよくみかける「送料無料」
そもそも、これがおかしいんです。

世の中にタダのものなんてありません。
正確にに表現すれば「送料は販売者が負担します」です。

もっと詳しくいえば、
・当社は扱い量が多いので、運送業者に対して強気に出ることができます。
・だから単価がメチャ安いので、送料くらい当社が負担します。
・というわけで当社で買ってください!
ということですよね。

 

悪く言えば、人の弱みに付け込んで、札びらで買い叩いているのと同じです。

配送業者の営業社員は、こういった消費者の無茶と闘いながら仕事を受注しているんです。

今回のような問題は、ヤマト運輸にも責任はありますが、私は安さだけを追求する消費者にも問題があると思います。


しかし、これがビジネスの本質です。

倒産した会社や、資金繰りの苦しい会社の商品を現金で安価に仕入れて店頭に並べるディスカウントストアを非難する人がいますか?

どのみち誰かが泣くのであれば、リスクを自社で背負わず、下請けに流す佐川急便の方が賢いと思いませんか?

 

ビジネスは戦争です。

違うのは、兵士が戦場を選べるということ。
サラリーマンに許される唯一の自由は好きな時に退職できるということです。

リスクを自社で背負わず、下請けに流す佐川急便の方が賢いと思いませんか?

 

 

ちなみに、私の知り合いにもたくさんいますが、ブラック企業の出身者は強いですよ。
汗をかく部位が、身体から脳みそに変わっただけ。
インターネットビジネスに取り組んでもスグに結果を出してきます。

 

ビジネスは自分のマインドとの戦争かもしれませんね。
いずれにせよ、意識の低い労働者に明日がないのは間違いないでしょう。

広告を非表示にする