読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンのFA(フリーエージェント)宣言

ひとりで稼げる時代を自由に生きるために

仕事ですよ

あなたは、インターネットビジネスを、本当に仕事だと思ってやっていますか?

 

インターネットで稼ぐためには、自分のメディア(媒体)を持つ必要があります。

メディアというのは、あなたの情報を発信する場所です。
また、あなたが発信する情報を求めて人が集まってくるところです。
そして実際に商品を並べておく店舗に相当するのところです。

 

そのメディアはブログでもSNSでも構いません。
また、ヤフオクやメルカリのように既製品のプラットホームをメディアとして使ってもよいでしょう。

いずれにせよ、「あなた名義のメディアが無い」というのは、自分のお店が無いのと一緒です。
ビジネスオーナーとはいえません。


さて、もしあなたがラーメン屋さんを始めたとしましょう。
お客様が一人も来なかったらどうしますか?
1円も売り上げが無い日が続いたらどうしますか?

 

仕入れた食材が腐ってしまいます。
月末には家賃を払わないといけません。
光熱費だってかかります。


それがインターネットビジネスだと損失が発生しません。
ですから、つい何もしない1日が過ぎても危機感がわいてこないんです。

特にサラリーマンとかやっていると、毎月給料が入ってくるので、何とか生き延びてしまうんですね。


思うような売り上げが上がらないというのは、メディアへのアクセスが少ないからです。
アクセスが集まらないのは、タイトルやキーワードが適切でないからです。

 

アクセスがあるのに成果につながらないのは、発信している情報に価値を感じてもらえていないからです。

いきなり商品を売り込むのではなく、タイトルやキーワードでアクセスしてくれた読者の役に立つ情報を発信するように心がけましょう。

 

そうすれば、読者が困っていること、悩んでいることを解決してくれる商品は必ず売れます。

 


もし、まだあなたに自分のメディアが無いのであれば、すぐに作りましょう。
売りたい商品を見つけて、その商品が役立つであろう人たちに有益な情報をドンドン発信していきましょう。

 

インターネットビジネスでは、何も請求されることがないので、売り上げがゼロでも危機感が薄れてしまいます。

 

しかし、インターネットビジネスは仕事です。
日々、売り上げを追いかけることを怠ってはいけません。

広告を非表示にする